セフれサイト違法請求など違法行為の被害にあった場合、法的にどのように対応すればよいか?自分一人で対応できる人は少ないのでなないでしょうか。そもそも、あまた存在する法律のどれが該当するのか、全く分からなかい人もいます。分かったとしても、いざ話そうとしてセフれサイトの業者の強気な口調に怯んでしまうこともあるでしょう。

しかし、決着をつけるには業者と話をつけるしか方法はありません。もしどうしても自分ひとりでは無理、とおもったら、逃げたり放置するのではなく、消費者センターに相談することをお勧めします。消費者センターの相談は無料ですし、あなたの代わりに相手業者に話をつけてくれることもあるので、とても心強い味方なのです。

にもかかわらず、消費者センターへの問い合わせをためらう人が多いのも事実です。それは、相談内容がセフれサイトに関することだからかもしれません。セフれサイトをやっていたと他人に言うのが嫌だったり恥ずかしかったりする人もいるでしょうし、セフれサイトを利用してさえいない人からしてみれば、「セフれ利用者なんだ」と見なされてしまうかもしれないとなると、それはもう居た堪れない気持ちにもなるのでしょう。

しかし消費者センターは、実に数多くの様々な分野の悪質商法の被害者の相談を日々受けています。身に覚えのない不当な支払い請求に困ってくる人だって多々相談にくるわけで、それが悪質セフれサイトであったとしても、相談担当員に馬鹿にされるなどと心配する必要は全くありません。ですから、一消費者として、どんな被害にあったか事実を伝えればよいのです。

ここで、変に恥ずかしがったり見栄をはるのは絶対にいけません。もし請求を送りつけてきたセフれサイトを僅かでも利用していたのであれば、それはきちんと伝えるべきです。そうしないとサイト側のデータと食い違いが生じ、せっかく間に入った消費者センターも、きちんと対応ができなくなってしまうからです。

また、自分で対応できると自信をお持ちの人もいるかもしれませんが、もし今までにない新しい手口の不当請求が届いたら、あらかじめ消費者センターに相談することをお勧めします。有益なアドバイスや対応策を教えてくれるかもしれません。消費者センターは、セフれサイトであれ何であれ、日本中の消費者の相談を受ける場所です。そのため新しい手口の事例がいち早く報告されるからです。

関連記事